盗聴器発見調査

無料相談電話(フリーダイヤル)free3.gif 0120-15-3215

スマホの方はタッチして電話を↑

岩手県で確かな盗聴器・盗撮器発見調査ができる調査会社です!

一般的なご家庭(一軒家)の調査の場合、21,600円~32,400円で調査可能です。防犯カメラシステムのご相談もどうぞ。

1.
 無線機のような盗聴発見器を一つだけ持ってくる業者は素人業者です

2. 盗聴器は電波式だけではありませんので、専門知識が必要です(当事務所では携帯電話やGPSも特殊機材で発見できます)

3. 当事務所は大手ハウスメーカーさん、不動産屋さん、警備会社さんと提携している岩手県唯一の業者です

※2017年6月10日記:2016年~2017年の間に東北地方の宿泊施設で起きた盗撮事件の調査を担当いたしました。無事犯人が判明しました。

最近は、「盗聴」という言葉を聞く機会も多いかと思いますが、実際に盗聴の被害にあう方も増えてきました。
盗聴器は一年間で約2万個以上販売されていまして、1個2万円くらいで高性能なモノが手に入るようになったため、まさに盗聴天国という事態になっています。

実際に調査をしてみると、大半が交際相手や家族から取り付けられているものが多く、本人とは関係のない人物による犯行もあります。例えば、引っ越したマンションにすでに付いていた…なども多いようです。

個人宅以外の依頼ですと、企業さんからの依頼も多く、社員間トラブルや退職社員トラブルなどが要因として挙げられます。

春は引越しのシーズンなので依頼が多いのですが、最近は運送業者さんからの依頼も増えました。
引越し業者が荷物を運び込んだ時に盗聴器をつけたのではないかと怪しまれ、潔白を証明するために依頼を受けることも多いのです。

盗聴調査の流れとしては、昔(20年くらい前)は電話盗聴が多かったのですが、最近の主流は部屋に取り付ける会話・生活音盗聴タイプです。
電化製品に仕込まれたりすると、半永久的に電気が供給されるために、ずっと行動が知られることになります。

自分の家を建てたハウスメーカーさんに相談されるケースも多く、当事務所では岩手県内にある大手ハウスメーカーさんらと提携を結び、調査にあたっています。
その他にも、不動産屋さんや、大手警備会社さんとも提携しています。官公庁からの依頼も多いというのが信頼の証しと言えるでしょうか。

そして、最近特に問題になっているのが、音を聞くばかりではなく、映像で覗き見る「盗撮」の存在です。
技術革新の波はここにも来ていて、わずか2ミリのレンズで部屋の中が撮影されています。
ついには、アナログ無線帯だけではなく、デジタル帯域にも進出してきたので、以前の盗聴発見器では対応できなくなっています。

当事務所はデジタル機器に対応する機材にて、アナログ・デジタル両方を調査することができます(隠している携帯電話やGPSも発見できます。おそらく岩手県で唯一ではないでしょうか)。

盗聴調査というのは、機材での電波調査がメインですが、やはり大事なのは目視調査や、犯罪者の心理と盗聴に対する鋭敏なカン・技術がベースになります(全ては経験値ですね)。
電波機器王国「アメリカ」、安価な機材を次々と製造して世界にばらまく「中国」の新情報にもいつも気をつけていて、勉強は怠りません。
新製品が次々と投入されていますので、最新機器に弱い同業者にもついていけない状態になっています。

近頃は盗聴ブームに便乗して、うさんくさい業者が勝手に調査をしては「お宅に盗聴器が仕掛けられているので、外しましょうか?」と言って来て、不安をあおって高額な料金をボッタくったり、付いてもない盗聴器を「外しましたよ、はい」と自分で持ち込んだ盗聴器を差し出すというような事例が県内でも報告されています。悪質商法にご注意を。

ただし、当事務所でも、町の中でたまたま盗聴器の電波を発見する機会があるのですが、依頼をされていないのでいきなり訪問して除去することを勧めるわけにもいかず悩ましいところです。
中には家族が意図的に付けているケースもありますし、防犯などの何らかの目的で付けている方もいらっしゃいますので、全てが「犯罪行為」ではないからです。

県内でも盗聴調査を行っている業者がありますが、そのほとんどが電波の知識もなく、トランシーバーのような盗聴発見器を1つ持ってくるだけの簡易な調査です。
それでは盗聴調査とはいえません!相談の際は充分気をつけてください。
そんな簡易な調査に10万円以上請求してくる業者も多いですが、それは悪徳業者です。
アタッシュケースのような大層なケースを持ち込む業者もありますが、それも一つしか持参しない以上、簡易な調査です。知識がないところに付け込まれないようにしてください。

他社では通常10~30万円を請求されるケースが多いのですが、珍しい業種による高単価提示という商法に過ぎませんので、当事務所ではその半分以下が適正価格と考えています。
関東地方はとにかく高くて、そこに料金を合わせていくつもりは当事務所には全くありません。

当事務所では調査費用の平均額は3万円前後(一軒家のケース)です。
おそらく日本一安いクラスと思われますが、調査というのは高いから良い調査ができるわけでもなく、安いから手抜き調査ということもありません。
調査内容は金額に比例せず、あくまでその業者の知識しだいですので、ご注意を。
調査費用が10万円以上もすると、お金に余裕がある方しか依頼できなくなってしまうので、お悩みの方にはこれからも可能な限り安価で調査を実行していきたいと思います。

でも、なぜ当事務所ではそんなに安い料金で調査が可能かと言いますと、例えば盗聴調査を1~2年間請け負えば機材費用導入の金額は充分まかなえるために、それ以降は人件費と経費を少々いただくだけで構わないからなんです。
気軽に依頼できる金額でなければ、勇気を出して相談をしようと思いませんよね。10万円以上と言われたら、盗聴が不安なのに相談をすることを控えてしまうと思いますので…。

費用の問題だけではなく、当事務所では調査の際に詳しい相談・解説ができることが他社さんとは違うポイントです。
当事務所から持参した様々な盗聴器を実際にご自分で実験していただき、その聞こえ方や使用方法を確認することができます。これは使用方法や性能がわかることで対処方法が理解できるからです!
調査後にもいろいろとお話しをすることが可能ですので、不安に思っていること(状況や機械などについて)をしっかりご相談いただけるかと思います。
よくご年配の方のお宅にお邪魔しますと、盗聴のことから、家族のことから、ご自分の子供の頃のお話しからいろいろなお話しをされて3時間以上お茶飲み話となることもあります(^^)

私たちは、電波の調査以外にも、目視による盗聴器の有無、電化製品チェック、壁の内部のチェックなど、徹底的に調査いたします。
その分、他社とは違い、ワンルームであっても1時間は調査に時間を要します。一軒家の場合は2時間以上かかります。
訪問の際の服装も、作業着や私服など、皆さんの環境に合わせて変更が可能です。

不特定多数の人の利用がある岩手県内の旅館、温泉やホテルの支配人様からの相談も増えています。
岩手県最大の情報量と盗聴発見知識を誇る当事務所に、この機会にぜひお気軽にご相談ください。


家庭用防犯カメラシステムについてもご相談ください
通常、ご家庭に防犯カメラを取り付けると一般的には20万円以上はしますが、近年はもっと簡易なシステムでも構築可能な時代となっています!
最も簡易なシステムは1万円程度でも可能です。最新機器は安く導入が可能なんです。
昔ながらの高価なシステムにこだわる必要はありません。ぜひご相談ください。


 【盗聴器が仕込まれる場所についての情報】

盗聴器はどこにでも仕込むことが可能になっています。少し見たところでどの部品が盗聴器か、一般の方にはわからない形になっています。
三又コンセントのような生活用品に偽装している偽装型盗聴器と、見た目でわかる黒い箱のような形をしている小型盗聴器などに分かれます。
不安がある方は、ぜひ当事務所に相談してください。

●危険度ワースト10

1位.電気コンセント周辺(これが80%を占めます)

2位.本棚や机などの家具の裏側

3位.電化製品の中(エアコン・電気スタンド・テレビ)

4位.電話機

5位.ぬいぐるみなどプレゼント品の中

6位.絵画などの装飾品の裏

7位.照明器具の上

8位.電話端子函・配電盤の中

9位.郵便・新聞受けの中

10位.ガラス窓(外からガラス面に貼り付ける)


 【盗聴・盗撮種類についての解説】

盗聴・盗撮は大きく分けると5種類に分類されます。

1.有線式盗聴

有線ケーブル型、有線接続タイプ(録音機器との接続)、コンクリートマイク型、インフィニティー型(電話型)、パケットデータ盗み出し(IP電話)、電話テレコーダ型、レコーダータイプ

2.無線式盗聴(アナログ型・デジタル型)

電気部品接続タイプ(AM・FM波)、電池タイプ、偽装商品タイプ、リモコン型、リモコン式スクランブル発信型、コンクリートマイク型、携帯電話型

3.有線式盗撮

ビデオタイプ、有線型カメラ(小型・ピンホール型)、偽装商品タイプ、ドアスコープ型、ケーブルスコープ型

4.無線式盗撮

小型無線カメラ(アナログ型・デジタル型)、ドローン型

5.ソフト式(データ盗み出し)

パソコン盗聴、情報盗み出し(ソフトウェア、ウィルス、スパイウェア)、携帯電話ソフト型(データ盗み出し)

 

電磁波調査

最近、健康被害を訴える方も増えてきた電磁波の悪影響から身を守るために一度家庭内環境の調査をしてみてはいかがでしょうか。

電子レンジ、電気カーペット、IHクッキングヒーター(電気調理器)、携帯電話、電気コタツ、高圧線、変電所などは特に電磁波の数値が高い状態を示します。
あなたの家庭は、外部、そして内部でどれくらいの電磁波を受けているのか気になりませんか?我々スタッフと一緒に数値確認をしてみましょう。

電磁波調査についてのページはこちらから