浮気調査・素行調査

無料相談電話(フリーダイヤル)free3.gif 0120-15-3215

スマホの方はタッチして電話を↑

岩手県で離婚トラブルに対する最強相談力で解決のお手伝いを!

岩手県で、配偶者から離婚を迫られている奥様・旦那様のために「離婚を阻止する方法」をお教えしています。離婚ではなく修復を最優先!
依頼に限らず、わからないことがあれば、気軽にお電話にて何でもお聞きください。当事務所は回答します!
当事務所は相談電話をかけてきた方に、契約を強く勧めるような営業行為は行っていません。
(更新2017年4月25日)

浮気に悩む方は、このページだけでも最後までお読みください。
なお、スマートフォンからアクセスの方は、右上にあるメニューアイコン「Ξ」をタップすると各コンテンツを見ることができます。


皆さんは浮気調査と聞いて、どんなことを考えますか?

…夫に浮気をされて困っている奥さんが旦那と離婚するために証拠を集めている?
…浮気の証拠を旦那に突き付けてやるため?
…浮気相手の女のところに怒鳴り込むため?

大体、そんなイメージではないでしょうか。残念ながら、そういう方はごく少数です(パーセンテージで言えば5%ほどです)と言ったらちょっと驚かれるでしょう。
では、当事務所の依頼者さんは何のために調査を依頼すると思いますか?

それは、「夫婦の関係をやり直すため」、夫(妻)を「奪還するため」、「浮気相手と別れてもらうため」です。

この問題に本気で悩む方は必ずと言ってよいほど、体重が激減したり、夜は全く眠れていなかったりします。本当に大変な思いをされている相談者さんばかりです。
軽い浮気心が恋心に変化し、浮気相手と一緒になりたいがために、自分の配偶者に嘘をつき、罵詈雑言を浴びせ、嫌がらせをし、精神的にまいってしまうような行動を取り続け、時には暴力まで…そんな配偶者たちもたくさんいるのです。

そんな配偶者からの一方的な離婚要求に対抗する方法が、浮気の証拠にあるのです。

浮気をしている配偶者への対応…法律はあなたの味方です。

夫(妻)と離婚したくない?

大丈夫です!

ヒントは法律の中にあります。

民法の判例上…「信義則に反する有責配偶者からの離婚申し立ては認められない」

つまり、愛人や浮気相手に本気で入れ込んでも、浮気の証拠を取られた側の夫や妻からの離婚申し立ては認められないのです。

この他に、慰謝料請求や交際禁止の要望など、法律上は浮気(不貞行為)の代償は大きいのです。そこに、私たちいちご探偵事務所の価値があります。

浮気の証拠さえあれば、有責配偶者からの離婚申し立てはできません。決して納得していないなら離婚届にハンコを押してはいけません。
証拠収集をするということは、浮気をしていないと言い張る浮気相手にしっかり現実を見せ、その後の協議・裁判を有利に運ぶためにどうしても必要になるのです。
しかも、浮気の証拠は直接配偶者や浮気相手に直接突きつけてはいけません。手の内をさらすと必ずあなたが追い込まれます。では、どうしたらいいのか?

その方法を当事務所と一緒に学んでみませんか?
夫婦関係を修復するにせよ、離婚をしてしまうにせよ、後悔の度合いが少なくなるように頑張ってみませんか?


その離婚ちょっと待って!修復の道もありますよ!

私たちは基本的に「安易に離婚をしてほしくない」と思い仕事をお受けしています。詳しくは、相談時にお話をさせていただきますが、証拠があれば離婚を阻止できます。

一番効果的な方法は、法的に有効な証拠を取り、弁護士を依頼し、浮気相手へ慰謝料請求をしてプレッシャーをかけることです!
弁護士が入っていることにより、慰謝料の支払いから逃れられませんし、そのまま交際を続けることもできません。
弁護士を入れないケースでは、夫婦間か家族を含めての協議という形になりますが、それで浮気相手と別れる配偶者は少ないので、やはり弁護士の介入が効果的です。
探偵社に料金を聞くと、当事務所以外のほとんどの探偵社では1日20万円ほども請求してくることがわかると思います(5日で100万円とか!)。そんな高額料金で調査依頼をしても慰謝料額が下回ることもあり、赤字になります。
しっかり調査をして、かつ低料金の探偵社と、良心的な弁護士の組み合わせで初めて効果が出るものということをご理解いただけたらと思います。

なお、配偶者と浮気相手がいる場所(相手方のアパートなど)に直接乗り込んで、浮気の証拠としようとされる方がいらっしゃいますが、それは避けましょう。
直接乗り込んでも、玄関の鍵が開いていて、中で二人が裸で抱き合っているなんてことはありませんので(服を着て出てくるか、その日はやってないだけ)、それは法的に証拠とはなりません。
「友達や同僚に相談をしていただけだ!」と逆ギレされるだけです。そして、ますます警戒されて証拠が取れなくなります。
乗り込むケースはケンカになるだけですので、配偶者も逆ギレし、ほとんどの方が離婚となっています。
離婚をしたくない方は冷静に対処をしてください!

配偶者の浮気に悩む皆さん、大丈夫です。
私たちも同じ経験者です。裁判経験者が、相談、調査から、対話・交渉方法、調停や裁判の情報提供などのお手伝いをいたします。

当事務所に調査を依頼しなくても何度も相談をしてくださる方も大勢いらっしゃいます。私たちを業者の人と遠慮せずに、友人のつもりで気軽にご相談ください。
浮気された自分が悪いのでは…なんて、自分を責めないでください。誰にでも自分が反省すべきことに思い当たることはあると思います。でも、それはそれ。これから修正していきましょう。その前に、話し合いのための証拠取りも物理的に必要になります。将来後悔しないためにもしっかり行動を起こしましょうね。
元マスコミ勤務だった私たちがスキルの高い調査能力であなたを応援します!

皆さんに言っておきたいのは、対処が早ければ解決もしやすいのですが、もし調査そのものを悩まれているのであれば、それでも大丈夫です。そのまま少しの間悩んでみてください。
そして、どうにもならなくなった時や、気持ちが定まったら、私たちに声をかけてください。
いつか私たちの力が必要になる時が来るかと思います。そのときにはすぐに私たちがあなたのために動きます。
ただし、やはり証拠取りは気づいたときに早めに取っておくことがオススメです。時間が経つと、皆さんの行動に変化があり(探る行動がエスカレートしたり、我慢できずに激しく追及してしまったり)、配偶者に気付かれ、警戒心が強まる傾向にあります。
1か月間迷っていたら、浮気相手が妊娠したとか、夫が家を出たというケースも多数ありますので、本当は早めに証拠さえ取っておけば、あとは悩みつつも、対応策はいくつかありますので。

証拠を取るメリットは上記のように「法的措置」を取り、浮気相手と別れさせることにあるのは一番ですが、それと同じくらい依頼者の皆さんがおっしゃるのは、「証拠があると思うと気持ちが落ち着き、冷静に対処できるようになりました」とか、「毎日夫の行動が気になって精神的にまいってましたが、これをいつか使おうと思って逆にわくわくしてきて、夫の行動がどうでもよくなりました」という言葉が多いことです。
自分でも思ってもないくらいに気持ちが落ち着くというのは本当に大事なことだと思います(そんな探偵の私も配偶者の浮気で離婚の時は精神状態ボロボロでしたから、あのとき適正なアドバイスをしてくれる人がいたら全然違ったのに…と残念に思いますのでね)。

私たちが開業した2003年頃は、依頼者さんの男女比が男性20:女性80くらいでしたが、2016年度には男性45:女性55とかなり近い数字になっています。やはり妻の浮気も増えています。男性の皆さんも気軽に相談をしてください。
ただし、実は男性は女性に比べると精神的に弱い面があり、すぐにあきらめたり、うつ状態が強い傾向にもあります。目的(修復目的や親権争い)のために自分をしっかり奮い立たせて、頑張って行きましょう!
「浮気をしている妻を自由にしてあげよう」とか「気落ちしている俺が子どもを育てるより妻の方がいい」とか、男性は精神的に弱って全てをあきらめがちな傾向にあります。
男性の弱気は精神的に追い込まれる「うつ状態」から来てるものですので、今の感情が自分の本心ではない、自分には目的があるともう一度冷静に考えてみるようにしましょう。

もちろん、精神的にまいっている女性も同じです。「夫の方が稼ぎがあるから親権に有利かも」とか「夫と離婚して自由にしてあげるのがいいかもしれない」と夫に都合の良いように解釈してあきらめてしまいがちな奥様もいらっしゃいます。
自分にとって何が大事か考えて、それを貫きましょう。まずは「浮気相手の女に慰謝料請求する!」と踏ん張り、最悪は離婚の場合「子どもは私が面倒みる!当たり前でしょ」、「慰謝料と養育費をしっかり請求して私は頑張って行く」などなど、冷静になって今後を考えましょう。
頑張る方には道は開けますよ!なんとかなります!

親権問題、離婚後の養育費請求、強制執行についてなどのご相談もお気軽にどうぞ。
岩手県で特に親権についてなど詳しい相談ができる探偵社は当事務所1社だけなんです。当事務所は調査をするだけでなく、いかに解決のための助言を行うかに重点を置いて活動しています。どんな質問にもお答えします。
ただし、「困ったさん」からもお電話いただきますが、そういうケースではあまり対応できないことも多々ありますので、違法な相談や過剰な個人情報に関する相談、冷静ではない方などはご遠慮いただいています。その代わり、「普通の方」のご相談なら喜んで回答しますので。

離婚についての法律解説はこちらをご覧ください。離婚をしないためにも離婚の勉強は必要です。当事務所のサイトを30分でいいので、関連ページをよく読んでみてください。

浮気の対処法に関する解説はこちらをご覧ください。冷静な勉強はあなたを救います。



配偶者の浮気に気づいたときにあなたがやらなければならないこと

1. まずは逆上せずに一呼吸置いて、少しだけでも冷静になることです。「浮気してるでしょ!」、「どこにいたの!」と問い詰めても何の意味もありません。怒っている人の言葉よりも、静かに語りかけて来る人の言葉の方が効き目があります。

2. 大事なのは相手にバレないように証拠取りを始めることです。携帯、車の走行距離・助手席の匂いなどをチェックすること。配偶者の行動を毎日日記につけて、行動パターンを把握することです。これらをしっかりやることで探偵を頼まなくても証拠が取れるケースもありますが、あくまで状況証拠にしか過ぎないので、できれば探偵に依頼することが望ましいですが高額料金業者などには気をつけることです。
夫の携帯を見るチャンスがあるのであれば、その時にメールの文面をしっかり読む必要はありません!文面を読む前にまず送信相手のアドレスと携帯番号を確認してください。そして、携帯のカメラで構いませんのでメールやラインをバンバン撮影してください。皆さん、内容に気を取られて番号を確認していないことが多いです。メールの内容よりも、個人を特定する携帯番号情報を記録することも重要です!転送なんて面倒なことはいらないです。バンバン撮影してください。撮影したらそれをあとで読めばいいんです。

3. 離婚したくないのなら、あえて書店でこっそり離婚についての本を購入して勉強を始めることです(今はネットでいろいろ調べられますが、間違った解釈も多く出回っていますのできちんとしたサイトを閲覧するようにしてください。不安な部分などは当事務所に聞いてみましょう)。自分がするべきことが少しずつ見えてくるはずです。法律の知識はあなたを救います。

4. 配偶者を信じたいと言って、何もせずにいて手遅れになる人が多いです!あなたが信じようが信じまいが浮気は続き、突然離婚を言われたり、相手が妊娠したりします。気持ちを入れ替えて、やるべきことは何かを知りましょう。まずは勉強です。そして、離婚に怯えず、焦らずにゆっくり解決に至ろうと落ち着くことです。あわてなくても大丈夫ですが、やらなければならないことは一つ一つやっていきましょう。

5. 浮気をしているであろう配偶者の言葉に惑わされずに、自分に必要なことは何か、自分に足りないことは何かを見つめなおし、相手方が行っている不法行為がどういうものであるのかを知り、しっかり相手方(配偶者と浮気相手)と向き合う勇気を持ちましょう。あせって離婚を選択してはいけません。納得のいかない離婚をすると、離婚後も心が苦しい思いをします。


配偶者の浮気に気づいたときにあなたがしてはいけないこと

1. 浮気の事実のつらさや配偶者からのいやがらせに負けて、別居をしないこと。いざ証拠を取るときに生活状況が見えなくなり、探偵も苦労します。同居を続けて観察をしてください。帰宅が遅くなる日をチェックしてください。別居すれば、法的にも不利になることがあります。つらいけど、もう少しの辛抱です。別居をすれば夫婦間の復縁はとても難しくなります。別居は最悪の事態です。

2. 浮気の事実に気づいても、配偶者を追及しないこと。あえて泳がせて証拠を取り、有利な状況を作ってから話し合いや法的措置を取りましょう。今、追及しても、あなたが得をすることは全くありません。否定され、逆ギレされるのがオチです。警戒心をつけないように知らん振りをしましょう。難しいでしょうけど、どうかここを頑張ってください。これが一番大事です。

3. 浮気をしている配偶者側の友人・家族に相談するのはやめましょう。情報が筒抜けになり、あとであなたが苦しむ結果になります。これはうちのお客さんたちにも経験者が多く、必ず守ってほしいことの一つです。情報を集めたいと、色んな人に相談するのは絶対にやめましょう。情報が漏れるだけで、必ず後で後悔します。人の口に戸板は立てられません。すぐに噂になったりします。人を信用するのは問題が片付いてからにしましょう。相談は、自分側の家族や親友限定にしてください。

4. 友人などを使って、自分で調査をしようとするのはできればやめましょう。それはほとんど法的には失敗に終わっています。浮気夫が女のアパートなどにいるところへ乗り込むケースが増えていますが、セックスをしている最中でもないとそれは証拠とはなりません。普通は服を着てしまいますし、乗り込んだときはただ話しをしているだけのケースがほとんどです。そのパターンで一旦浮気相手と別れるようなケースは必ずあとで復活します。対処方法が違うのです。
自分で調査をして、対象者に気づかれて警戒されたあとに仕方なく探偵に依頼しても難易度が上がるばかりで証拠が取りにくくなります。たまにご自分で何とかする方も実際にいらっしゃいますので、できる方は自分で対処してもいいですが、自分でできないという方は早めにご相談ください。リスクが少ないうちに当事務所に相談だけでもしてみてください。
ケンカっ早い女性は自分で乗り込んで、浮気相手の女ともめて、逆ギレした旦那と離婚に至ってしまうケースがほとんどですから、どうかくれぐれも冷静に!浮気相手の女の方が一枚上手(うわて)ですよ、気を付けて!

5. これらの行動をすでにしてしまっている方がほとんどですが、今から気をつけましょう。何もせずに悩んでいても状況を変えることはできません。すぐに弁護士に相談したり、当事務所に相談してみましょう。最終局面(離婚協議がスタートする寸前など)でようやく相談される方が多いですが、何でも準備が早ければ対処の方法も増えます。一夜漬けで試験勉強をするよりも、前から準備をしておけばテストの点数が良くなる理屈と同じです。
弁護士さんに相談される方もいらっしゃいますが、弁護士さんも様々です。慰謝料なんて大した取れないからあきらめろと言う弁護士もけっこう多いのですが、そういう方は依頼を受けたくないから適当な回答をしているだけですので、別の先生にも相談しましょう!3人の先生に聞けば、少なくとも1人は信頼できる先生に当たります。


自分の人生がかかっているだけに迷いや不安で動けなくなるでしょうけど、まずは気軽に相談をどうぞ。当事務所からのお話を聞くだけでも損はしないかと思います。
遠慮をしてる方よりも、いろいろと質問をしてくる相談者さんの方が私たちも対応の幅を広く持てますので、まずは無料相談ダイヤルを気軽にご利用ください!


*相手の行動が怪しい時は、「浮気チェック表」で浮気を確認してみてください。

*夫婦問題の解決のヒントは各情報ページや、夫婦間トラブル解決のための法律Q&Aをごらんください。

*「別れさせ屋」を依頼したいですか?そう思う方はこちらをしっかりお読みください。 「頑張るあなたに」 

*探偵社には多くの悪徳業者が含まれますのでご注意を。 「探偵業者についての本当の話

b01.gif

浮気をされたら読んでみる「まずは一旦冷静に 離婚についての情報 岩手県の離婚後の子育てについての情報 養育費についての情報 夫婦間トラブル解決のための法律Q&A 浮気チェック表 Home 岩手県の探偵 岩手県盛岡市の浮気調査